国語辞典の検索結果

6

  1. 〘名〙 仏語。空(くう)の十喩の一つ。一切のものが因縁によって生じた仮のもので、実体がなく、空であることをたとえるのに用いる。※雑談集(1305)一「実には非レ牛、非レ仏。唯是法性の幻(ゲン)(〈注〉マボロシ)也」 〔維摩経略疏‐三〕
    精選版 日本国語大辞典
  2. ① 実体がないのにあるかのように見えるもの。また、すぐ消え去るはかないもののたとえ。 「こちらへ歩いて来ると見えたのは-だったのだろうか」 「恋しい人を-に見る」 ② 実際にあることが確かめられないもの。 「 -の名画」 ③ 幻術を使う者。 ...
    大辞林 第三版
  3. [1] 〘名〙① 実在しないものの姿が実在するように見えるもの。また、たちまち消えるはかないもののたとえにいう。幻影。※涅槃経集解巻十一平安初期点(850頃)「蠱道し呪ひし幻(マホロシ)し、諸薬を和合し」※虎明本狂言・塗師(室町末‐近世初) ...
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 〔幻影〕a phantom; 〔幻想〕a vision; 〔錯覚〕an illusion 幻の船|a phantom ship 幻を見る|see a vision 亡父を幻に見た|I saw a vision of my late fath ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

3

  1. 〘名〙 仏語。空(くう)の十喩の一つ。一切のものが因縁によって生じた仮のもので、実体がなく、空であることをたとえるのに用いる。※雑談集(1305)一「実には非レ牛、非レ仏。唯是法性の幻(ゲン)(〈注〉マボロシ)也」 〔維摩経略疏‐三〕
    精選版 日本国語大辞典
  2. [1] 〘名〙① 実在しないものの姿が実在するように見えるもの。また、たちまち消えるはかないもののたとえにいう。幻影。※涅槃経集解巻十一平安初期点(850頃)「蠱道し呪ひし幻(マホロシ)し、諸薬を和合し」※虎明本狂言・塗師(室町末‐近世初) ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 広島県、中尾醸造株式会社の製造する日本酒。
    デジタル大辞泉プラス