国語辞典の検索結果

11

  1. 一 [1] ( 名 ) ① とし。地球が太陽の周りを一周する時間。 「 -に一度の祭り」 → とし(年) ② 年季。 「 -があける」 二 ( 接尾 ) 助数詞。 ① 年数を数えるのに用いる。 「この世に生をうけて五〇-」 ② 何番目の年で ...
    大辞林 第三版
  2. [1] 〘名〙① 元日から大みそかまでの間。一年。※彼の歩んだ道(1965)〈末川博〉一「旅役者による小屋がけの芝居が年に一度か二度か見られる程度であったのだから」② 「ねんき(年季)」の略。※評判記・秘伝書(1655頃)男のこころしりやう ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. [名]1 1年。とし。「年に一度の祭り」2 「年季」の略。「年が明ける」[接尾]助数詞。1 年号・年数を表すのに用いる。「平成七年」「西暦一九九五年」2 年齢・学年を表すのに用いる。「人生五〇年」「五年に進級」
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

2

  1. 1 〔1年を単位とした期間〕a year 年の初めに|at the beginning of the year その年の内に|「before the end of [within] the year 年を越す|see out the old ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. 1 〔1年〕a year 会報は年に1度発行される|The bulletin is issued once a year. 年に2[4,12]度の支払い|semiannual [quarterly/monthly] payments 年に数 ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

12

  1. [1] 〘名〙① 元日から大みそかまでの間。一年。※彼の歩んだ道(1965)〈末川博〉一「旅役者による小屋がけの芝居が年に一度か二度か見られる程度であったのだから」② 「ねんき(年季)」の略。※評判記・秘伝書(1655頃)男のこころしりやう ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 太陽が天球上を一周する時間。基準点の選び方によって、次のような種類の1年がある。すなわち、天球上の太陽の経路である黄道と赤道の交点(春分点)に対して太陽が一周する時間を太陽年(回帰年)、太陽が天球上の同一恒星に対して一周する時間を恒星年とい ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 植物。イネ科の一年草,薬用植物。イネの別称
    動植物名よみかた辞典 普及版