辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

8

  1. 〘名〙 =くなど(岐)の神※延喜式(927)祝詞「八衢(やちまた)ひこ・八衢ひめ・久那斗(クナト)と御名は申して、辞竟(ことを)へまつらくは」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙 道の分かれるところ。道の分岐点。〔温故知新書(1484)〕※俳諧・望一千句(1649)一〇「二道は更にかけじの約束に ふなとにて荷をおろす馬方」
    精選版 日本国語大辞典
  3. [常用漢字] [音]キ(漢) ギ(呉) [訓]ちまた わかれる本道から枝分かれした道。行き方が幾筋にも分かれること。「岐路/多岐・分岐」[名のり]みち[難読]隠岐(おき)・岐阜(ぎふ)
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

5

  1. 〘名〙 =くなど(岐)の神※延喜式(927)祝詞「八衢(やちまた)ひこ・八衢ひめ・久那斗(クナト)と御名は申して、辞竟(ことを)へまつらくは」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙 道の分かれるところ。道の分岐点。〔温故知新書(1484)〕※俳諧・望一千句(1649)一〇「二道は更にかけじの約束に ふなとにて荷をおろす馬方」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 巷・・衢

    〘名〙 (道股の意)① 道がいくつかに分かれるところ。また、その道。分かれ道。分岐点。辻。岐路。※古事記(712)中「麗美しき嬢子、其の道衢(ちまた)に遇ひき」※読本・春雨物語(1808)樊噲下「道ちまたにて、くらき夜にはまよふ事既にありき ...
    精選版 日本国語大辞典