国語辞典の検索結果

21

  1. [1] 〘名〙① しめ高。つごう。合計。あわせて。※浮世草子・好色一代男(1682)三「あるじに三百、口鼻(かか)に百〈略〉合六百文蒔(まき)ちらせば」② 漢詩の、主として絶句の第四句。起承転結の「結」。※授業編(1783)七「第四句を合( ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 一 [1] ( 名 ) ① 尺貫法における体積の単位。升の10分の1。10勺しやくで一合。明治の尺貫法では1.8039デシリットル。 → 升 ② 面積の単位。坪または歩の10分の1。約0.3306平方メートル。 → 坪 ③ 登山路の概略を示 ...
    大辞林 第三版
  3. 〘自他サ変〙 ⇒がっする(合)
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 1 〔量目〕a go ((単複同形)) (▼1合は0.18l) 2 〔登山路の10分の1〕 富士山の5[8]合目|「the halfway point [the eighth stage] in the climb to the top o ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

26

  1. [1] 〘名〙① しめ高。つごう。合計。あわせて。※浮世草子・好色一代男(1682)三「あるじに三百、口鼻(かか)に百〈略〉合六百文蒔(まき)ちらせば」② 漢詩の、主として絶句の第四句。起承転結の「結」。※授業編(1783)七「第四句を合( ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 地球から見て,惑星が太陽と同じ方向に見えるときのこと。すなわち,惑星と太陽の地心視黄経が等しくなるときのこと。内惑星では,地球と太陽の間に惑星がくる場合と,太陽の向こう側に惑星がくる場合があるので,これらを区別するときには,前者を内合,後者 ...
    世界大百科事典 第2版
  3. 世界大百科事典 第2版