国語辞典の検索結果

12

  1. 〘名〙 やいば。また、はもの。は。※塔(1946)〈福永武彦〉「嘗て僕をして兇悪の刃(ジン)を用いしめた殺人の獄は」 〔礼記‐曲礼上〕
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙① 物を切る道具で、切るために薄く鋭くなっている部分。※書紀(720)雄略一三年九月(前田本訓)「覚(おもほ)えずして手の誤ちに刃(ハ)を傷つ」② 人の心を傷つける物事をたとえていう。※黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉 EPI ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〔「歯」と同源〕 物を切る道具の、切ったり削ったりするために薄く鋭くしてある部分。 「 -を研ぐ」 「刀の-が欠ける」
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

2

  1. an edge; 〔刀などの〕a blade ナイフには鋭い[鈍い]刃がついていた|The knife had a sharp [dull] edge [blade]. ナイフの刃を研ぐ|sharpen [put an edge on] a ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. 〔刀身〕a blade; 〔刀〕a sword 敵の刃にかかって死ぬ|die by the sword of one's enemy
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

3

  1. 〘名〙 やいば。また、はもの。は。※塔(1946)〈福永武彦〉「嘗て僕をして兇悪の刃(ジン)を用いしめた殺人の獄は」 〔礼記‐曲礼上〕
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙① 物を切る道具で、切るために薄く鋭くなっている部分。※書紀(720)雄略一三年九月(前田本訓)「覚(おもほ)えずして手の誤ちに刃(ハ)を傷つ」② 人の心を傷つける物事をたとえていう。※黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉 EPI ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙 (「やきば(焼刃)」の変化した語)① 刀剣類の焼き入れをした刃。また、刃の上にある波紋状の模様。〔伊呂波字類抄(鎌倉)〕※大観本謡曲・小鍛冶(1537頃)「進退ここにきはまりて、御劔の刃の乱るる心なりけり」② 刀剣、刃物の総称。※太 ...
    精選版 日本国語大辞典