国語辞典の検索結果

20

  1. 〘名〙① 催し事のために人々が集まること。また、その集まり。集会。会合。→会する。※菅家文草(900頃)二・暮春、見南亜相山荘尚歯会「毎レ看二吾老一誰勝レ涙、此会当為悩二少年一」② 目的や好みを同じくしたものの集団。結社。※福音道志流部(1 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. ① 一定の目的をもって人々が集まること。また、その集まり。集会。会合。 「 -を開く」 ② 目的や趣味・学問などを同じくする人々が組織する団体・組織。 「野鳥の-」
    大辞林 第三版
  3. 〔呉音〕 集まること。主に仏事や祭りの集まりをいう。 「御堂の-/栄花 本の雫」 [句項目] 会に逢わぬ花
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 1 〔会合〕a meeting; 〔集まり〕a gathering; 〔パーティー〕a party; 〔非公式な集まり〕a get-together; 〔スポーツなどの〕((米)) a meet,((英)) a meeting 次の会は5月 ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

13

  1. 〘名〙 (「え」は「会」の呉音) 二人以上の人が集まること。また、その集まり。おもに神仏に関係のある集まりをいう。法会。※霊異記(810‐824)下「会を設けて供養しき」※栄花(1028‐92頃)もとのしづく「めでたき御堂のゑとののしれども ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙① 催し事のために人々が集まること。また、その集まり。集会。会合。→会する。※菅家文草(900頃)二・暮春、見南亜相山荘尚歯会「毎レ看二吾老一誰勝レ涙、此会当為悩二少年一」② 目的や好みを同じくしたものの集団。結社。※福音道志流部(1 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 世界大百科事典 第2版