辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

5

  1. [常用漢字] [音]バツ(慣) [訓]きる うつ1 刃物で木などをきる。「伐採/間伐・剪伐(せんばつ)・盗伐・乱伐・輪伐」2 敵を切り殺す。うつ。「攻伐・殺伐・征伐・誅伐(ちゅうばつ)・討伐・放伐」3 手柄。ほこる。「功伐」[名のり]のり
    デジタル大辞泉
  2. 樵・

    〘他ラ四〙 木やまきなどを切る。伐採する。きこる。※万葉(8C後)一四・三四三三「薪(たきぎ)許流(コル)鎌倉山の木足る木をまつと汝が云はば恋ひつつやあらむ」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 切・・斬・截・剪

    [1] 〘他ラ五(四)〙[一] つながっているもの、続いているものなどを断つ。また、付いているものを離す。① 刃物などで、一続きのものに力を加えて分け離す。※書紀(720)神代上(水戸本訓)「所帯(はかせる)十握劔(とつかのつるぎ)を抜いて ...
    精選版 日本国語大辞典

その他の辞典の検索結果

3

  1. 樵・

    〘他ラ四〙 木やまきなどを切る。伐採する。きこる。※万葉(8C後)一四・三四三三「薪(たきぎ)許流(コル)鎌倉山の木足る木をまつと汝が云はば恋ひつつやあらむ」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 切・・斬・截・剪

    [1] 〘他ラ五(四)〙[一] つながっているもの、続いているものなどを断つ。また、付いているものを離す。① 刃物などで、一続きのものに力を加えて分け離す。※書紀(720)神代上(水戸本訓)「所帯(はかせる)十握劔(とつかのつるぎ)を抜いて ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 打・討・撃・撲・拍・擣・搏・・射

    [1] 〘他タ五(四)〙[一] 物に物を強く当てる。また、たたくような動作をする。強く刺激を与える。① 物を、物に向けて強く当てる。たたく。ぶつ。ぶつける。(イ) 手や、鞭(むち)、杖(つえ)などの手に持った道具で、物をたたく。※万葉(8C ...
    精選版 日本国語大辞典