国語辞典の検索結果

12

  1. 〘仏〙 実体がないこと。また、そういうもの。 → 虚仮こけ ・仮諦けたい
    大辞林 第三版
  2. 〔「借り」と同源〕 ① 正式なものに代えて、間に合わせに行う物事。 「 -免許」 「 -祝言」 ② 本当のもの、本来のものでないこと。 「 -の名前」 「 -の姿」 → 仮に
    大辞林 第三版
  3. 〘名〙 (形動)① ほんの一時的に、それときめること。永久ではないさま。まにあわせ。かりそめ。一時。臨時。→仮に。※万葉(8C後)一一・二七五六「月草の借(かり)なる命にある人をいかに知りてか後も逢はむといふ」※徒然草(1331頃)八「匂ひ ...
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 1 〔間に合わせ〕 仮の|〔一時的な〕temporary, provisional; 〔急場しのぎの〕makeshift; stopgap; 〔試験的な〕tentative 仮の住まい|a temporary residence 仮の案|a ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

7

  1. 〘名〙 (形動)① ほんの一時的に、それときめること。永久ではないさま。まにあわせ。かりそめ。一時。臨時。→仮に。※万葉(8C後)一一・二七五六「月草の借(かり)なる命にある人をいかに知りてか後も逢はむといふ」※徒然草(1331頃)八「匂ひ ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙① (prajñāpti upacāra の訳語。実体のない仮(かり)のものであることの意) 仮であること。虚妄であること。また、そういうもの。権と同義で、方便の意にも用いる。→虚仮(こけ)・仮諦(けたい)。※真如観(鎌倉初)「此百界 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 世界大百科事典 第2版