国語辞典の検索結果

9

  1. [常用漢字] [音]キ(呉)(漢) [訓]はだ〈キ〉はだ。はだえ。「肌膚・肌理(きり)/玉肌・雪肌」〈はだ〉「肌着・肌身/赤肌・片肌・木肌・鮫肌(さめはだ)・地肌・素肌・鳥肌・人肌・諸肌(もろはだ)・山肌・柔肌(やわはだ)」[難読]肌理(き ...
    デジタル大辞泉
  2. 〘名〙 皮膚。はだえ。※観智院本名義抄(1241)「肌 ハダヘ カハヘ シシヘ モモ」
    精選版 日本国語大辞典
  3. ・膚

    ① 人のからだの表皮。皮膚。はだえ。 「 -が荒れる」 ② 物の表面。きめ。 「木の-」 ③ 性質。気質。気性。 「学者-」 [句項目] 肌が合う ・ 肌で感じる ・ 肌に粟を生ずる ・ 肌を合わせる ・ 肌を入れる ・ 肌を汚す ・ 肌を ...
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. I 1 〔皮膚〕(the) skin 彼女は肌が白い|She has fair skin. 私の肌は荒れやすい|My skin chaps easily. 風は肌を刺すように冷たかった|The wind was so cold it see ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

3

  1. 〘名〙 皮膚。はだえ。※観智院本名義抄(1241)「肌 ハダヘ カハヘ シシヘ モモ」
    精選版 日本国語大辞典
  2. ・膚

    〘名〙① 人などの皮膚。はだえ。また、からだ。※万葉(8C後)一一・二三九九「赤らひく秦(はだ)も触れずて寝たれども心を異には我が思はなくに」② 物を覆い包んでいる、外側の皮。うわかわ。表皮。また、物の表面。〔十巻本和名抄(934頃)〕※門 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. ・膚

    〘名〙① 人や獣類のからだの表面をおおう皮。はだ。〔新訳華厳経音義私記(794)〕※観智院本三宝絵(984)下「身きよくしてはたえうるはしきは」② 刀剣の身の表面。※狂言記・長光(1660)「はだゑはいかやうにあるぞ」
    精選版 日本国語大辞典