国語辞典の検索結果

8

  1. 〘名〙 (「に」は「耳」の呉音) 耳(みみ)のこと。※正法眼蔵(1231‐53)自証三昧「乃至眼耳鼻舌身意、根、識、塵等もかくのごとし」※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)六「千二百の耳(ニ)(〈注〉ミミ)の功徳をえん」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙[一] 身体の器官の一つ。聴覚をつかさどる。また、その働き。① 感覚器の一つ。脊椎動物の頭部にある一対の音平衡受容器。外耳・中耳・内耳の三部より成る。また特に、外耳の耳介のみをさしていう場合も多い。外耳は外耳道と耳介、中耳は耳小骨・エ ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. ① 脊椎動物の頭部にあって聴覚と平衡覚をつかさどる器官。左右一対あり、哺乳類と一部の鳥類では外耳・中耳・内耳の三部から成る。また、外耳のうち外から見える耳殻や外耳道をさす場合がある。魚類は内耳のみ、両生類・爬虫類は内耳と中耳をもつ。 ② 音 ...
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 1 〔人・動物の〕an ear 耳が痛い|have (an) earache 手で耳をふさぐ|cover one's ears with one's hands/put one's hands over one's ears 耳にペンをはさ ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

18

  1. 普通は、脊椎(せきつい)動物の頭部にある聴覚器官と平衡覚器官との総称で、内耳(ないじ)、中耳(ちゅうじ)、外耳(がいじ)が含まれる。一方、音の受容器を一般的に耳とよぶことがあり、これには昆虫類の鼓膜(こまく)器官のようなものも含まれる。 脊 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. 〘名〙 (「に」は「耳」の呉音) 耳(みみ)のこと。※正法眼蔵(1231‐53)自証三昧「乃至眼耳鼻舌身意、根、識、塵等もかくのごとし」※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)六「千二百の耳(ニ)(〈注〉ミミ)の功徳をえん」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙[一] 身体の器官の一つ。聴覚をつかさどる。また、その働き。① 感覚器の一つ。脊椎動物の頭部にある一対の音平衡受容器。外耳・中耳・内耳の三部より成る。また特に、外耳の耳介のみをさしていう場合も多い。外耳は外耳道と耳介、中耳は耳小骨・エ ...
    精選版 日本国語大辞典