国語辞典の検索結果

11

  1. 〔古くは「ほとき」〕 ① 昔、湯や水などを入れるのに用いた、胴が太く口が小さい土器。 「大きなる-に大姫君御覧ぜよ、と書きつけたり/宇津保 国譲中」 ② 湯殿で産湯うぶゆに用いた、かめ。 「きよい子の命婦・播磨とりつぎて、うめつつ、女房ふた ...
    大辞林 第三版
  2. 〘名〙 (古くは「ほとき」)① 素焼きのうつわ。かめなど。特に、昔、湯水などを入れた、腹が太く口の小さい瓦器。古代中国の秦では、宴席でこれをたたいて歌に合わせたという。※書紀(720)推古二五年六月(岩崎本訓)「出雲国言さく、神戸の郡に瓜有 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 《古くは「ほとき」》1 昔、水などを入れた瓦製の器。胴が太く口が小さい。「―を打って舞ひ給ふ」〈太平記・二六〉2 湯殿で、産湯(うぶゆ)を使うのに用いたかめ。「御湯参る。…取り入れつつ、むめて御―に入る」〈栄花・初花〉
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. ((米)) a can,((英)) a tin; 〔茶・コーヒーなどを入れておく容器〕a can, a canister ドラム缶|a drum (can) 缶ビール|canned beer; 〔1本〕a can of beer 缶切り|( ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

4

  1. 〘名〙 (古くは「ほとき」)① 素焼きのうつわ。かめなど。特に、昔、湯水などを入れた、腹が太く口の小さい瓦器。古代中国の秦では、宴席でこれをたたいて歌に合わせたという。※書紀(720)推古二五年六月(岩崎本訓)「出雲国言さく、神戸の郡に瓜有 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 缶詰に用いる金属の容器.
    栄養・生化学辞典
  3. ・罐・鑵

    〘名〙 (元来は、kan can 「缶」「罐」「鑵」は当て字) 金属の薄板、特にブリキ製の容器。※改正増補和英語林集成(1886)「シャケヲ kwan(クヮン)ニ ツメル」
    精選版 日本国語大辞典