国語辞典の検索結果

10

  1. 〘名〙① 文章や話で述べようとしている内容。趣旨。※雑談集(1305)一「此の法門意得は、天台一宗悉く旨を得る也」 〔易経‐繋辞下〕② 君のおぼしめし。君の命令。上意。※随筆・独寝(1724頃)上「姚文公翰林になりて、旨(し)を承りて玉堂に ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙 ものごとの意味・内容。趣意。趣旨。※源氏(1001‐14頃)蛍「いひもて行けば、一つむねにあたりて」※不空羂索神呪心経寛徳二年点(1045)「この旨(ムネ)を用取するときは」
    精選版 日本国語大辞典
  3. [常用漢字] [音]シ(呉)(漢) [訓]むね うまい1 考えの内容。意向。むね。「主旨・趣旨・宗旨・聖旨・宣旨(せんじ)・同旨・本旨・来旨・要旨・論旨」2 うまい。「旨酒」[名のり]よし
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 1 〔趣旨〕(to) the effect ((that)) 交渉再開に応じる用意がある旨を答えてきた|They answered to the effect that they were ready to reopen negotiati ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

6

  1. 〘名〙① 文章や話で述べようとしている内容。趣旨。※雑談集(1305)一「此の法門意得は、天台一宗悉く旨を得る也」 〔易経‐繋辞下〕② 君のおぼしめし。君の命令。上意。※随筆・独寝(1724頃)上「姚文公翰林になりて、旨(し)を承りて玉堂に ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙 ものごとの意味・内容。趣意。趣旨。※源氏(1001‐14頃)蛍「いひもて行けば、一つむねにあたりて」※不空羂索神呪心経寛徳二年点(1045)「この旨(ムネ)を用取するときは」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 宗・

    〘名〙① 主とすること。中心とすること。また、そのもの。※日本紀竟宴和歌‐延喜六年(906)「いつとものふみよむひとはたにやうにこれを无禰(ムネ)とてともにのりとる〈惟宗具範〉」② 江戸時代、遊女の最高位の大夫につぐもの。天神。梅。※浮世草 ...
    精選版 日本国語大辞典