辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

15

  1. 〘名〙 (tathā の訳語) 仏語。① 一切のものに通じる不易不変の理法。真如。如如。理。※栄花(1028‐92頃)玉のうてな「有作無作の諸法の相を見ざる所、如なり、相なり、解脱なり、波羅密なり」 〔摩訶止観‐八下〕② 平等無差別なこと。 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. (助動詞「ごとし」の語幹。本来、「同じ」の意を表わす「こと」の濁音化したもので、体言的性格をもつ) ごとく。ように。同じく。※古事記(712)中・歌謡「道の後(しり) 古波陀嬢女(こはだをとめ)を 雷(かみ)の碁登(ゴト) きこえしかども ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. ( 助動 ) 〔助動詞「ごとし」の語幹〕 似ているものに比べ、たとえる意を表す。…ように。…のようだ。 「梅の花今咲けるごと散り過ぎず我が家えの園にありこせぬかも/万葉集 816」 「雪こぼすがごと降りてひねもすに止まず/伊勢 85」 「秋 ...
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

7

  1. 〘名〙 (tathā の訳語) 仏語。① 一切のものに通じる不易不変の理法。真如。如如。理。※栄花(1028‐92頃)玉のうてな「有作無作の諸法の相を見ざる所、如なり、相なり、解脱なり、波羅密なり」 〔摩訶止観‐八下〕② 平等無差別なこと。 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. (助動詞「ごとし」の語幹。本来、「同じ」の意を表わす「こと」の濁音化したもので、体言的性格をもつ) ごとく。ように。同じく。※古事記(712)中・歌謡「道の後(しり) 古波陀嬢女(こはだをとめ)を 雷(かみ)の碁登(ゴト) きこえしかども ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. (助動詞「ごとし」の連体形) ⇒ごとし
    精選版 日本国語大辞典