国語辞典の検索結果

17

  1. 〘名〙① おおいこと。おおいもの。⇔少。※正法眼蔵(1231‐53)古鏡「多にあらず大にあらず」※日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉三「人数の多を占むる下層社会に意を置くことをせず」 〔論語‐子罕〕② まさっていること。〔礼記‐檀弓上 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. ( 形動ナリ ) たくさん。 「国はしも-にあれども/万葉集 36」
    大辞林 第三版
  3. おおいこと。⇔少 → 多とする [句項目] 多とする
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 多とする| 貴下のご配慮を多とします|I greatly appreciate your thoughtful consideration./I am very much obliged to you for your considerat ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

13

  1. 〘名〙① おおいこと。おおいもの。⇔少。※正法眼蔵(1231‐53)古鏡「多にあらず大にあらず」※日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉三「人数の多を占むる下層社会に意を置くことをせず」 〔論語‐子罕〕② まさっていること。〔礼記‐檀弓上 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘形ク〙 度数が多い。度(たび)重なっている。頻繁(ひんぱん)である。さまねし。※続日本紀‐天応元年(781)四月三日・宣命「天下をも乱り、己が氏門をも滅ぼす人等麻禰久(マネク)在り」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙 (形容詞「おおい」の連用形から)① 数量の豊富な様子。たくさん。多数。※源氏(1001‐14頃)桐壺「朝廷(おほやけ)よりも、おほくの物たまはす」② 全体の中で、すべてとは言えないがそれに近い部分。大部分。ほとんどの物事。※源氏(1 ...
    精選版 日本国語大辞典