国語辞典の検索結果

19

  1. 一 [1] ( 名 ) ① 長く並んだもの。行列。 「 -を作る」 「 -を乱す」 ② 仲間。 「閣僚の-に加わる」 ③ 〘数〙 ㋐ ある一定の規則に従って数などを並べたもの。 「数-」 「点-」 ㋑ 行列または行列式で、たての並びをいう。 ...
    大辞林 第三版
  2. 〘名〙 =れつ(列)※宇津保(970‐999頃)祭の使「中島の釣殿に〈略〉博士・文人、れちひきてつきなみぬ」
    精選版 日本国語大辞典
  3. [1] 〘名〙① ならぶこと。つらなること。また、そのならび。つらなり。行列。列次。※懐風藻(751)在常陸贈倭判官留在京〈藤原宇合〉「包レ列置レ師、咸審二才周一」 〔易経‐繋辞上〕② 仲間。同列。※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年一〇月 ...
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 1 〔連なり,並び〕a line; 〔横列〕a rank, a row; 〔縦列〕a file; 〔順番を待つ人の列〕((米)) a line,((英)) a queue [kjú] 子供の列|a line of ch
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

14

  1. 〘名〙 =れつ(列)※宇津保(970‐999頃)祭の使「中島の釣殿に〈略〉博士・文人、れちひきてつきなみぬ」
    精選版 日本国語大辞典
  2. [1] 〘名〙① ならぶこと。つらなること。また、そのならび。つらなり。行列。列次。※懐風藻(751)在常陸贈倭判官留在京〈藤原宇合〉「包レ列置レ師、咸審二才周一」 〔易経‐繋辞上〕② 仲間。同列。※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年一〇月 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 世界大百科事典 第2版