国語辞典の検索結果

16

  1. 〘名〙① つたえること。また、そのことば。伝言。※俳諧・談林十百韻(1675)上「あはでうかりし文枕して〈卜尺〉 むば玉の夢は在所の伝となり〈雪柴〉」② 令制で、諸国の各衛に設置された官人の旅行用の交通設備。伝馬五疋を置き、三〇戸ほどの伝戸 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. ① 古くから言い伝えられていること。また、その話。 「 -定家筆」 ② 人の一生を記したもの。伝記。 ③ ある型にはまったやり方。方法。 「いつもの-で行こう」 ④ 律令制下の交通通信制度の一。七道沿いの郡家に伝馬を五頭ずつ配置し、地方官の ...
    大辞林 第三版
  3. 〔動詞「つつ(伝)」の連用形から〕 ① 相手に伝えるための手段や方法。また、仲立ち。 「 -があればすぐにも届ける」 ② 自分の希望や目的を実現させるための、てがかり。てづる。 「 -を求める」 「有力な-がない」 ③ 人づて。 「 -に聞 ...
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

2

  1. 有力なつてがあってその会社に就職した|He had influential connections and got a job in the firm./He had a friend who used his influence [((口 ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. 1 〔伝記〕a life; a biography エジソン伝|a life [biography] of Edison 偉人伝|lives of the great 武勇伝|⇒見出し語 2 〔経書などの注釈〕a commentary (( ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

28

  1. 〘名〙① つたえること。また、そのことば。伝言。※俳諧・談林十百韻(1675)上「あはでうかりし文枕して〈卜尺〉 むば玉の夢は在所の伝となり〈雪柴〉」② 令制で、諸国の各衛に設置された官人の旅行用の交通設備。伝馬五疋を置き、三〇戸ほどの伝戸 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 鹿児島の芋焼酎。黄麹を用いて甕で仕込み、木桶蒸留のあと甕で貯蔵する。原料はさつま芋、米麹。アルコール度数25%。蔵元の「濱田酒造」は明治元年(1868)創業。所在地はいちき串木野市湊町。
    [日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション
  3. (1)中国で,後世に伝えるべきりっぱな書物をいう。経(永遠の真理を論じた書)が聖人の著作であるのに対して,伝は賢人の著述である。《博物志》に〈聖人の制作を経と曰い,賢人の著述を伝と曰う〉と見える。(2)経書の意義を解釈し敷衍した書物をいう。 ...
    世界大百科事典 第2版