辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

16

  1. [1] 〘名〙① おおせ。命令。ふれ。布告。また、法令・条令。※菅家文草(900頃)五「月夜翫二桜花一、各分二一字一、応レ令一首」※史記抄(1477)八「此外は一々に不言とも此の令に比してせよぞ」 〔書経‐冏命〕② 古代の中国で、一地方の長 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. ① 命令。いいつけ。 「 -を発する」 「出撃の-が下る」 ② 法規。さだめ。 「戒厳-」 ③ 明治初期、府県の長官。県令。 ④ 鎌倉時代、政所まんどころの次官。 ⑤ 律令制で、左京・右京の四つの坊を統轄する職。坊令。条令。 ⑥ 古代中国で ...
    大辞林 第三版
  3. 古代、国家制度全般について定めた法典。律とともに中国で秦・漢時代に発達、隋・唐時代に大成。日本では唐令を模して、天智朝期の近江令から持統朝期の「飛鳥浄御原令あすかきよみはらりよう」を経て701年律を加えて「大宝律令」として制定。718年改定 ...
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

15

  1. [1] 〘名〙① おおせ。命令。ふれ。布告。また、法令・条令。※菅家文草(900頃)五「月夜翫二桜花一、各分二一字一、応レ令一首」※史記抄(1477)八「此外は一々に不言とも此の令に比してせよぞ」 〔書経‐冏命〕② 古代の中国で、一地方の長 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. → 律令格式
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 〘名〙① 一般に公布した規程・法令。きまり。おきて。② 古代の東アジア諸国の法典。すべきことをあげる教令法規。律とともに隋・唐で大成し、周辺諸国に波及した。日本では、唐令を範とし日本の国情を考慮して作られ、そのはじめは近江令であるともいわれ ...
    精選版 日本国語大辞典