辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

5

  1. 〘名〙① 「アジア(亜細亜)」の略。「東亜」「欧亜」② 「アメリカ(亜米利加)」、また、「アメリカ人」の略。明治初期の用語で、現在は「米(べい)」を用いる。※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉三「亜(ア)仏蘭の外国艦と戦争に及べる事」③ ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. ( 接頭 ) オキソ酸(酸素を含む酸)の命名規則の一。中心原子の酸化数が、基準となるものより小さいことを表す。 「 -硫酸」 「 -塩素酸」 → 次亜
    大辞林 第三版
  3. 日本の詩雑誌。大正13年(1924)11月、安西冬衛、北川冬彦、滝口武士らが中心となり中国の大連で創刊。短詩、新散文詩の試みなど、昭和初期の日本のモダニズム詩の発展に繋がる実験的作品の発表の場となった。昭和2年(1927)12月までに全35 ...
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

2

  1. 〘名〙① 「アジア(亜細亜)」の略。「東亜」「欧亜」② 「アメリカ(亜米利加)」、また、「アメリカ人」の略。明治初期の用語で、現在は「米(べい)」を用いる。※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉三「亜(ア)仏蘭の外国艦と戦争に及べる事」③ ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 世界大百科事典 第2版