辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

9

  1. 〔爭〕

    [音]ソウ(サウ)(漢) [訓]あらそう いかで[学習漢字]4年1 あらそう。あらそい。「争議・争奪・争点・争覇/競争・係争・抗争・政争・戦争・闘争・内争・紛争・論争」2 いさめる。「諍(そう)」と同義。「争子・争臣/諫争(かんそう)」
    デジタル大辞泉
  2. ・相撲・角力

    〘名〙 (動詞「すまう(争)」の連用形の名詞化)[一] (争) 相手の力に負けまいとして抵抗すること。手向かうこと。※宇津保(970‐999頃)蔵開中「あな見苦しの御すまひや。あなたにて乾し給へ。一人はいと侍りにくし」[二] (相撲・角力) ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. ・勤

    〘他ハ四〙 先を争う。また、先を争って勤める。→いそわく。※書紀(720)皇極二年二月(岩崎本室町時代訓)「争(イソヒ)て神語の入微(たへ)なる説(ことば)を陳(まう)す」
    精選版 日本国語大辞典

その他の辞典の検索結果

7

  1. ・相撲・角力

    〘名〙 (動詞「すまう(争)」の連用形の名詞化)[一] (争) 相手の力に負けまいとして抵抗すること。手向かうこと。※宇津保(970‐999頃)蔵開中「あな見苦しの御すまひや。あなたにて乾し給へ。一人はいと侍りにくし」[二] (相撲・角力) ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. ・勤

    〘他ハ四〙 先を争う。また、先を争って勤める。→いそわく。※書紀(720)皇極二年二月(岩崎本室町時代訓)「争(イソヒ)て神語の入微(たへ)なる説(ことば)を陳(まう)す」
    精選版 日本国語大辞典
  3. ・諍

    〘自ワ五(ハ四)〙① 相手の言うことを否定して自分の考えを言い張る。言い争う。※書紀(720)敏達一四年六月(前田本訓)「馬子宿禰諍(アラカヒ)て従はず」※後撰(951‐953頃)恋二・七八一「ちはやぶる神ひきかけて誓ひてしこともゆゆしくあ ...
    精選版 日本国語大辞典