国語辞典の検索結果

11

  1. 〘名〙 重さの単位。特に、金銀などの重さの単位。一両は二四銖(しゅ)、一斤の一六分の一。りょう。※書紀(720)推古一三年四月(岩崎本訓)「黄金三百両(コロ)を貢上る」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〔唐音〕 ① 数の名で、二。 「一人前ひとりめへ-宛づつの御散財さあ/安愚楽鍋 魯文」 ② 「両個りやんこ② 」に同じ。 「しかつべらしい-が腰をかけてゐるし/滑稽本・八笑人」
    大辞林 第三版
  3. 一 [1] ( 名 ) ① 対ついになっている双方のもの。二つのもの。 「 -の手」 ② 中世まで用いられた目方または重さの単位。律令制では斤きんの16分の1。41~42グラム。 ③ 近世の通貨単位。一両は銀五〇匁(のち六〇匁)、銭四貫。金 ...
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

2

  1. 両脚|both legs 両手|both hands 両端 (に)|(at) both ends 両極|both poles⇒りょうがわ(両側)
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. 8両編成の列車|a train made up of eight cars [((英)) carriages] 食堂車は前から5両目です|The dining car is the fifth from the front.
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

7

  1. 〘名〙 重さの単位。特に、金銀などの重さの単位。一両は二四銖(しゅ)、一斤の一六分の一。りょう。※書紀(720)推古一三年四月(岩崎本訓)「黄金三百両(コロ)を貢上る」
    精選版 日本国語大辞典
  2. [1] 〘名〙① 重さの単位の名称。(イ) 令制における二四銖(しゅ)の重さの名称。日本古代の称量(しょうりょう)の制は、唐の制を踏襲したもので、中くらいの大きさの黍(きび)一〇〇粒の重さを基準としてこれを一銖とし、二四銖を両とし、一六両を ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙 (「両」の唐宋音)① 数の二。特に、拳(けん)でいう。りゃんこ。りゃんな。りゃんや。※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)三「『でまいろう。なんでもまけたものが、おぶってわたるのだがよしか』〈略〉『りゃん、ごうさいごうさい』」② ...
    精選版 日本国語大辞典